代表挨拶

安藤正樹

株式会社リクシィ
代表取締役社長
安藤 正樹

株式会社リクシィ代表取締役社長の安藤正樹でございます。

リクシィキャリアはブライダル特化の転職支援サービスです。
ブライダル特化とは、ブライダル業界の方々、ブライダル業界を志す方々を指しています。

私自身、インターネット業界で8年間を過ごした後、ブライダル業界に飛び込んだわけですが、初めに驚いたのは、ブライダル人材のスキル、ホスピタリティ、仕事への姿勢でした。

ウエディングプランナーの有するスキルを、ビジネス的に表現するなら、

  • BtoCの無形商材の営業スキル
  • 見積書・契約書製作・対応の事務スキル
  • 300万円を超える高額商材の契約スキル
  • 同時進行で複数プロジェクトを運営するタイムマネジメントスキル
  • 複数部署の連携をはかりながら、パーティーを成功させるプロジェクトマネジメントスキル

と、仕組化や管理力を伴う形で仕事をしており、高度な仕事をしていると驚きました。

しかしながら、大変残念なことに、この希少性についての認知が全くありません。
ブライダル業界以外の企業はもちろん、そのスキルを有する本人や、人材エージェントにもです。

これは社会全体の機会損失ではないか、もっと適材適所を図れるのではないか。
そのような想いから、リクシィキャリアは生まれました。

このサービスを展開する狙いは次の3点です。

1.ブライダル人材の
キャリアアップ

ブライダル業界の仕事は、プレッシャーも大きく、土曜日日曜日の稼働時間も長いことから、非常にハードと言われています。
その中で、いずれは違う仕事をと考えるのも自然なことでなのですが、いざ転職を考えると、自分は何もできないと必要以上に過小評価をしてしまい、
うまく自分の強みを伝えられないまま、本来得られるはずのキャリアを手にせず、遠回りしているケースが多いと感じていました。

残念ながら、ブライダル業界外の企業は、上記のようなブライダル人材の希少性に対する理解はほとんどありません。
ブライダル業界に飛び込む前の私も、ブライダル出身者の履歴書を見て「成約率50%」と書かれていても、その価値が理解できず、「ふーん」という反応をしていたものです。
企業側に、ブライダル人材の能力を理解してもらうのは非常に難しいのです。

両方を知っている人間が翻訳をする必要がある。
これがリクシィキャリアの1つ目の狙いです。

2.ブライダル業界
としての
優れた人材の獲得

私がブライダル業界に飛び込もうと決意したのは「死ぬ前に思い出してもらえるくらい人の役に立てる仕事」と思ったからなのですが、
自分が通用するのかを考えた際、情報がまるでなく、非常に困ったものです。

ワインについて詳しくないといけないのか、舌が肥えていなければならないのか、劇の台本をつくれるくらいの能力が必要なのではないか─── 。
情報が無いがゆえに、不思議とハードルが高く見えてきて、「どうにでもなれ」と言えるくらいの強い意志が無ければ飛び込めなかっただろうなと思っています。
もしかしたら、そのような思い込みを理由に優秀な人材がブライダル業界を敬遠しているとすれば、非常にもったいないと感じました。

ブライダル業界で必要なスキルは何か、どのようなキャリアアップや成長を描けるのかについて、8年間のブライダル業界の経験を通じて得た知見をお伝えしながら、
全国に3000箇所あると言われる結婚式場のそれぞれの個性まで含めて情報提供を行うことで、ブライダルの仕事に興味を持つ人を増やしていきたい。
これがリクシィキャリアの2つ目の狙いです。

3.人材の流動化による
ブライダル業界/
社会全体のレベルアップ

ブライダル業界、非ブライダル業界に関わらず、日本のほとんどの会社で労働力不足に陥っていると言われています。
その中で、希少性の高いスキルを有するにも関わらず不自覚で、機会損失を招いているとすれば非常にもったいない。
我々は、ブライダルを通じて多様な人間が社会で活躍している状態を築きたいと思っています。

リクシィは、ミッションとして「ブライダル業界の構造改革。世の中を結婚式にあふれた世界に」と掲げています。
ブライダル業界に優秀な人が多ければ多いほど、業界は成長し、ブライダル業界から他の業界を経験してレベルアップして戻ってくる方々、異業種からブライダル業界に飛び込んでくる方々も増えるでしょう。 よりオープンにすることで好循環を生みだしていきたい。
これがリクシィキャリアの3つ目の狙いです。

リクシィでは、これらの人材のキャリアアップの観点と、求人企業の支援の観点から、同業種ないし異業種への転職/マッチングのサポートを行います。
リクシィのスタッフはいずれも、ブライダル業界と非ブライダル業界(IT、コンサルティングファーム、金融、旅行、人材など)の両方を経験しているため、
企業、転職者双方に適切なご提案をすることができます。ヘッドオフィス、管理系など、本部系の人材も対応することができます。

ぜひ、リクシィキャリアを通じて、1人でも多くの方にお会いし、貢献できればと思っています。
何卒、よろしくお願いいたします。